カードローンで賢いキャッシング

カードローンで賢いキャッシング

私はカードローンを上手く活用して、キャッシングをおこなっています。

 

私が主に普段使っているカードローンは、大手の銀行のものです。

 

カードローンにはフリーローンという使途が定まっておらず借りたお金は自由な目的に使えるものと、車を買う時や家を買う時など、お金が必要な目的だけに使える目的別ローンがあります。

 

 

 

私はそのどちらもを利用しており、車を買った時のローンは目的別ローンを使用し、普段のキャッシングにはフリーローンのカードローンにお世話になっています。

 

カードローンの魅力といえば、何と言ってもすぐに現金を用意できることや、消費者金融よりも利子が抑えられているので安心なイメージがあるところだと思います。

 

飲みにいったり、急な出張が決まってしまったり、ちょっとお金が欲しいなと思った時にカードローンがあったおかげで助けられたことは何度もあります。

 

 

 

また、車という200万円以上の大きなお金がかかる買い物も、カードローンがあったからこそ行えました。

 

毎月少しずつ借りたお金を返済している最中ですが、車は毎日の暮らしに大活躍しているので、本当にありがたいことです。

 

カードローンは銀行によって利子や手数料が違うことも多く、慎重に選ぶとおすすめです。

私がカードローンを比較した決め手

 

どうしても欲しいものがあって、カードローンを利用することになりました。

 

40万円必要で、貯金も少なく、どうしても30万円借入れが必要になりました。

 

数あるカードローンの中から、どこに申し込むか悩みましたが、決め手となったのは在籍確認でした。

 

 

 

在籍確認とは、私が今いる職場に確かに在籍していることを金融会社で確認する作業です。

 

例えば私が今いる会社で働いていることを、申込み時に申告しますが、これの証明は意外と難しいのです。

 

会社には在籍しているけどずっと無断欠勤をしているかもしれません。

 

また、例えば昨日退職したばかりだとしたら、それを確認することは意外と難しいでしょう。

 

金融会社側では、在籍確認の方法に電話での確認をします。

 

会社に直接電話をして、私が電話に出ることで確かに出社していることを確認するのです。

 

 

 

しかし、今働いている会社では、個人情報保護の観点から、とても電話に出ることができそうもありません。

 

そこで私の場合は、在籍確認の方法について融通が利く金融会社を選ぶことになりました。

 

ネットで調べても在籍確認は必要という情報しかなかったので、金融会社に直接電話して回りました。

 

 

 

その中の1社が、そういう事情なら直近の給与明細を用意すれば申込みを受け付けると言ってくれたので、そこで申し込むことに決めました。

カードローンでプレゼントを調達

 

カードローンでお金を引き出して、急場をしのぎました。

 

うっかりしていたのですが、仕事が忙しくて、彼女への誕生日プレゼントの事をすっかり忘れていました。

 

欲しいものは事前に聞いていたのですが、結構高価なものだったので、今月は元々は節約しておく予定でした。

 

 

 

しかし、同僚からの誘いなどで、普通に散財してしまい、彼女へプレゼントするイヤリングを買うお金がありません。

 

初めから違うものを用意できるならいいのですが、今回は先に約束してしまっているので、代替え品でごまかすわけにもいきません。

 

どうしようかと同僚に相談した時に提案されたのがカードローンでした。

 

 

 

でもそれ借金でしょう?と思いましたが、返済もそれ程大変じゃないし、1回なら利用してもいいんじゃないかと言われました。

 

確かにカードローンを組まないならどうしたらいいかと言っても特に良い案も浮かびません。

 

まずはネットで、利息と月々の返済について調べてみました。

 

カードローンの月々の返済額は思った以上に少ないので、困っていた私はそのまますぐに、ネットから申込みをしました。

 

 

 

彼女へのプレゼントはきちんと渡すことができ、余ったお金で食事のグレードもアップしました。

 

彼女は喜んでくれたし、返済も少ないので、利用できて助かりました。

急遽必要になったカードローン

 

私はカードローンを所持しています。

 

カードローンというと、所謂消費者金融やキャッシングと同じような物なのですが、これがとても便利なのです。

 

給料日前であった私はとある商品が欲しくて堪らなくなりました。

 

私は趣味に力を注いでおり、趣味のために生活をしているといっても過言では無い程ですので、趣味関連の商品を購入するのにはお金は惜しみませんでした。

 

 

 

ある日、給料日前にショップを通りかかった際に、限定品の商品が目に付きました。

 

最初は、手持ちのお金も無いし、今は給料日前で購入ができないから我慢をしようと、通り過ぎたのですが帰宅をしてからも商品の事が気になって眠れませんでした。

 

どうしても欲しいけれどお金が無い、そんな私は消費者金融の利用を思い立ったのですが、そこで見つけたのがカードローンでした。

 

 

 

カードローンは私の返済スタイルに合っているし、金利もそれ程高くは無かったので早速申し込みをしました。

 

なんとか商品が売り切れる前にカードローン会社からお金を引き出すことができ、とても嬉しかったのを覚えています。

 

急遽お金が必要になった時に、このような消費者金融会社やカードローン会社は社会にとってとても必要であると実感をしました。

カードローンの特徴について

 

カードローンはキャッシングの一つの形態に他なりませんが、一度お金を借りたら後は返す一方である狭義のキャッシングとは異なる特徴があり、それが魅力の一つと言えるでしょう。

 

カードローンの契約を行う場合、まず借り入れることのできる限度額としての「枠」というものをまず設定します。

 

そしてこの枠の範囲内でしたら、自分の貯金のように、お金を新たに借入れたり、また返したりを繰り返すことができるという点に魅力があります。

 

つまりカードローンはキャッシングに比べて柔軟性に富んでいることが特徴であると言えます。

 

 

 

仮に限度額を100万円に設定したとして50万円を実際に借入れたとします。

 

毎月一定額の返済を行っていき、借金があと10万円まで減ったとすると残りの枠は90万円あることになります。

 

ここでは説明を簡単にするために利息を省いて計算しますが、残りの枠は90万円ありますので、この範囲内において審査を必要とせずに借入れを行うことができるわけですから大変便利なものと言えるでしょう。

 

 

 

これに比べてキャッシングは一度借入れを行ったら後は返済一方であり、新たな借入れを行う際は、さらにキャッシング契約の申し込みを行い、審査を経て、キャッシングできることになりますので、相対的に柔軟性に欠ける商品と言えます。